セブンスデー・アドベンチスト教団公式ホームページ

Welcome to Official site of Seventh-Day Adventist Church

セブンスデー・アドベンチスト教会は、聖書主義に立つキリスト教・プロテスタントの教会です。
アドベンチスト教会は、聖書に示されている神の愛による救いを全人類に伝え、その愛を、人々の必要に応えるさまざまな活動を通して実践しようとしています。

 


 

ホープチャンネルジャパン放送開始

 7月1日よりホープチャンネルの日本語放送が開始されました。すでに100以上の番組が無料で視聴いただけます。

 教会員向けに特化した番組、Adventist Church Channelも含まれています。

いますぐ下記をクリックしてホープチャンネルをご体験下さい。

http://www.adventistmedia.jp/hopechannel/ ホープチャンネルジャパン

 ホープチャンネルとは、アメリカに本部をおく、セブンスデー・アドベンチスト教会の世界的な公式テレビネットワークです。

Newly Elected NSD Officers

 セブンスデー・アドベンチスト北アジア太平洋支部(NSD)の新しい三役が選出されました。

 総理:李 在龍
 総務:稲田 豊
 財務:German Lust

 新しい役員の先生方の上に、神様の祝福とお導きがありますようにお祈りいたします。

 2015年7月13日

Women’s Ordination not approved

 GC Session 2015 から、速報です。

 日本語の速報が届くまで、ANN(Adventist News Network) へのリンクを掲載いたします。

http://news.adventist.org/ 世界総会の公式声明も発表されました。

777の断食祈祷についてのお知らせ

今年も7月7日は、全国のアドベンチスト教会をあげての一斉断食祈祷日です。

断食の目的は祈りにあります。
特に、今、この時代に最も必要とされているのは、神の聖徒たちによる熱心な執り成しの祈りです。モーセやダビデ、ネヘミヤ、エステル、ダニエル、パウロのように、切なる願いを持って愛する同胞のために祈りましょう。

「汝ら、キリストイエスの心を心とせよ」(ピリピ2:5、文語訳)

涙を流してエルサレムのために祈られたキリストの心をいただいて、
人々の救いのために共に祈りましょう。

主はあなたの祈りを求めておられます。

<以下のことに留意してご参加ください>
・断食中は十分に水分補給するようにしてください。
・断食明けの食事は、ボリュームの少ない軽めのものをとるようにお勧めします。
・断食中は、聖書を読み、祈り、瞑想することに集中してください。

【速報】 世界総会総理テッド・ウィルソン先生再選

 7月2日に始まった世界総会サンアントニオ大会において、3日、世界総会総理テッ
ド・ウィルソン先生が再選されました。
 総務のG.T. Ng先生も再選、次官のマイロン・アイミンガー先生も再選されました。
 財務のレモン先生は引退され、前次官が後継に選出されました。三役が決まったところで安息日準備のために休会となっています。
 会議は11日まで続きます。神様の導きを続けてお祈りください。

(写真は、代議員が送って下さった議場の一コマです)

第60回世界総会本会議テキサス州サンアントニオにて開会

 2日午前9時(日本時間2日午後11時)正式に会議の成立が宣言されました。
 代議員数は2544名と聞いています。夜にはテッド・ウィルソン総理の報告がありました。
 5年に一度のアドベンチスト教会にとっての最高意思決定の場となります。10日間の日程のあいだ、聖霊の導きがあるようにお祈りください。

(写真は、代議員が送って下さった議場の一コマです)

ADRA Japan 30周年

 今年は日本でADRAの働きがはじまって30年目の節目の年になります。
6月21日 日曜日に東京原宿センターにおいて、30周年を祝う記念式典が行われました。
 これからのADRAの活動の上に神さまの豊かな祝福がありますようにお祈りしています。
 このたびは本当に、おめでとうございました。

(写真は、記念式典での一コマです)

ADRAとは、
 ADRA Japan(アドラ・ジャパン)は、正式にはAdventist Development and Relief Agency Japanといいます。この頭文字をとって通称ADRA(アドラ)と呼んでいます。

活動の目的

 ADRA Japanはキリスト教精神を基盤とし、 世界各地において今なお著しく損なわれている「人間としての尊厳の回復と維持」を実現するため、国際協力をおこないます。
 その方法は、各国ADRA支部とパートナーシップを築きつつ、人種・宗教・政治の区別なく、全人的援助と自立を図る支援を継続していくことです。
 また、これらの活動を通し、国際社会に貢献できる知恵と技術の備わった人材の育成と、この活動を支える日本社会に国際支援への啓発を促していく使命も担っています。

ADRAのホームページはこちらです。

第60回世界総会サンアントニオ大会が開催されます

 7月2日から5年に1度開催される世界総会本会議が開幕します。

 世界中の教会から、アメリカ テキサス州サンアントニオ市アラモドームに2566名の世界教会を代表する代議員が集まります。

 日本からは10名の代議員と2名の特別招待者が参加します。アドベンチストが一致してその使命達成のために前進できるように、どうかお祈りください。

 世界総会のページはこちらです。(英文)

教団事務所ミッションデー&特別研修

 「ミッションデー」は教団・教区・機関の全職員が宣教使命を確認し、具体的な宣教活動に携わりながら使命達成のために再献身する特別な日です。

 今年は、ふだん各地の小規模な教会や集会所を訪ねる機会の少ない教団事務所で働く職員が、6月13日の安息日に5つのグループに分かれて、会津若松、郡山、長野、岐阜、富山の教会を訪問させていただきました。
 それぞれの教会で暖かく歓迎してくださり、共に礼拝の時持ち、午後には教会員の皆さまと職員とで交流の時を持たせていただきました。それらの中から職員たちも多くのことを学ばせていただきました。
 17日には、教団に戻って集会を開き、それぞれのグループの体験を分かち合いました。
 訪問させていただいた教会の皆さん、ありがとうございました。

(写真は、郡山教会での一コマです)

世界総会総務Ng博士訪日

 世界総会総務Ng博士は世界総会三役に就任した最初のアジア人です。博士は日本の教会に深い関心を持ち、ことある毎に日本を訪問してくださっています。この3年間で6度目の来日になります。

 日本教団役員との話し合いはいままでに5回行われてきましたが、今回は、青年たちとも語り合いたいということで、4月11日夜に首都圏の青年リーダーたちに原宿の東京中央教会に集まっていただきました。忙しいスケジュールの合間を縫って、約2時間の集会でしたが、青年たちにとっても世界総会の役員と直接語り合う貴重な集会になりました。

 今回、日本伝道のサポートの一環として、もうすぐ立ち上がるインターネットテレビ放送「ホープチャンネルジャパン」のために巨額の援助をしてくださることになりました。

(写真は、東京中央教会で青年たちと一緒に撮影したものです)

Translate

Chinese (Simplified)EnglishFrenchJapaneseKoreanPortugueseSpanish