セブンスデー・アドベンチスト教団公式ホームページ

第1課 青年用:東 清志

PDF Download
PDFダウンロード

2016年 第1期 反逆と贖い
第1課 天における危機

青年用:東 清志

 今週のポイント
① 日曜日:神の秩序の中で完全であった全てのものが、天でのルシファーの破壊的な野心によって損なわれていきました。
② 月曜日:この地上は元々、人が管理者として支配することになっていました。しかし、人類が罪を犯した後は、サタンがこの世の支配者となりました。
③ 火曜日:キリストの勢力とサタンとの勢力の戦いは、非常に激しいものです。しかし、ヨハネの黙示録12章を読むと、キリストの前ではサタンがいかに無力であるかがわかります。
④ 水曜日:サタンの敗北は、聖書の節々で見ることができます。ここで重要なのは、敵に勝利したのはあくまでもキリストであるということです。
⑤ 木曜日:サタンの最終的な敗北は確定していますが、サタンの活動は未だに継続しています。聖書の信仰者たちがそうであったように、私たちは助け主である神と共に、この戦いに臨む必要があります。
 用語解説
① ルシファー:知恵と美しさのある天使のリーダーでしたが、自分を高めようという野心から堕落していきました。聖書には直接の言及はありませんが、ガイド日曜日の引用聖句から、ルシファーの品性をうかがい知ることができます。『人類のあけぼの』第1章には、ルシファーが堕落していく過程が詳しく書かれています。
② ケルブ:特別な役割を担った守護天使であると考えられます。例えば、アダムとエバをエデンの園から追放した際、神はいのちの木への道を守らせるために、エデンの東をケルブに守らせました。また詩編によると、神の玉座そのものであったようです。ルシファーは、このケルブにも任命されていました。
 ディスカッションのためのテーマ
① 今週の生活を振り返り、どのような誘惑を受けたかを分かち合いましょう。そして、互いの信仰生活のために祈り合いましょう。
② ルシファーの堕落のきっかけは、嫉妬や野心、自己称揚(自分を高めたいという思い)などでした。私たちのうちに、それらの感情は無いでしょうか。私たちは、どのようにしたら、これらの感情を正しくコントロールできるでしょうか。
③ 「金曜日」には、自由意志の用い方について記されています。私たちは、神 から与えられているこの賜物をどのように用いているでしょうか。私たち自身の生活を振り返ってみましょう。
 コメント
 私たちがキリストの十字架に目を向けるならば、キリストとサタンのどちらの勢力に加わるべきかは明らかです。しかし、サタンは巧妙な方法を用いて、救いの素晴らしさを隠すことができます。私たちがどのような誘惑にも陥ることが無いよう、神に祈り続けていきたいと思います。