セブンスデー・アドベンチスト教団公式ホームページ

セブンスデー・アドベンチスト教団宣教理念

モットー
福音による全人的回復をめざして  (To Make People Whole)


セブンスデー・アドベンチスト教団の使命は、旧新約聖書に提示されている福音を広く世界に伝えることである。すなわち、人々に、イエス・キリストによる罪からの救いを告げ知らせ、それに基づく全人的な回復をもたらすことを目指し、世界の究極的な完成であるキリストの再臨を待ち望みつつ、より良い社会の形成に努力する。
われわれは、以上の使命を、宗教改革以来の伝統に従い、宣教と教育と社会奉仕の三つの領域において以下のように遂行する。

◆宣教 (Ministry of Proclaiming the Word)

セブンスデー・アドベンチスト教団は、全国各地に散在する信徒を中心に教会を組織する。教会は、聖書の教えに従い、週の第七日を安息日として遵守し、神の言葉の宣教と聖礼典の執行によって人々にキリストの救いを伝えるとともに、信徒の交わりをとおして、心に平和と癒しをもたらし、豊かな人間性の回復をはかる。また、教会は、多様な活動を展開し、健全な家庭の確立と地域社会の福祉および豊かな地域共同体形成のために積極的に奉仕する。
以上の奉仕によって、福音が人間の真の回復をもたらすことを証しする。

◆教育 (Ministry of Teaching)

セブンスデー・アドベンチスト教団は、福音を基とした教育活動を行うため、教育機関を設置する。各教育機関は、「霊と心とからだ」(テサロニケ第1・5ノ 23)の3要素を含むトータルな人間形成による「神のかたち」(創世記1ノ27)の回復を推進し、信徒の子弟の教育、牧師および教団奉仕者の養成、さらには広く一般社会においてより良い社会形成のために貢献する人材の養成に邁進する。また、教育は生涯にわたる過程でもあるゆえに、教育機関のみならず各教会および各機関において、積極的に生涯教育プログラムを展開する。
以上の奉仕において、教育が究極的に「救済の働き」であることを証しする。

◆社会奉仕 (Ministry of Caring)

セブンスデー・アドベンチスト教団は、医療、福祉、健康改革をはじめとする幅広い活動を行うために、必要な機関を設置する。各機関は、それぞれの専門の働きをとおして、人間の尊厳の回復と維持および心とからだのトータルな健康の推進をめざし、「隣人を自分のように愛しなさい」(マタイ22ノ39)とのキリストの言葉を具体的に実践することに努める。
以上の奉仕をとおして、福音が人々を身体的・精神的・社会的・霊的に豊かにすることを証しする。


※この宣教理念は、2001年1月に開かれた第34回教団定時総会において採択されました。

 


セブンスデー・アドベンチスト教団伝道基本方針2016‐2020

第36回教団定時総会で採択された教団伝道基本方針は、エイムに「アドベンチストの原点に立ち返って」を掲げ、モットーを「永遠の福音を、今すべての同胞に」とした。具体的には、①伝道することこそアドベンチストの喜び、②自然に成長するアドベンチスト教会、③アドベンチストであることの自覚、という3つの基本方針が挙げられた。

世界総会は2010年10月、『神の約束された賜物~リバイバル、改革、献身、宣教についての重要勧告』を発表し、セブンスデー・アドベンチスト教会の共同体としての罪を以下のように告白している。「私たちは後の雨における聖霊の注ぎを祈りと御言葉を通して神に求めることを常に最優先してこなかったことを認めます。私たちは個人的生活において、諸会議において、あまりにもしばしば己の力によって働いてきたことを謙虚に告白します。あまりにもしばしば、失われた世界を救おうとする神の働きを第一にしてきませんでした。…長い間リバイバルや改革を押しやり、天来の力よりも人間の力で働こうとしました。」

この告白は、日本のセブンスデー・アドベンチスト教団に属するすべての牧師と信徒のものでもある。これを受けて、教団全体では777の祈りを強調した。特に7月7日は「777の断食祈祷日」と定め、罪の告白と後の雨を求める祈りを集中してきた。

教団は「宣教のためのリバイバルと改革」を求めるこれらの祈りを土台とし、三教区と連携しながら、上記の基本方針に沿った伝道活動を展開してきた。基本方針の中に「アドベンチスト」という言葉が頻出しているが、それは、日本のセブンスデー・アドベンチスト教会の伝道衰退の要因の一つが、アドベンチストとしての健全なアイデンティティーが十分に確立されていないことにあるのではないかという反省点に立脚したものであった。そのため、全牧師が韓国の祈祷院での研修に参加したり、「大争闘プロジェクト」に積極的に取り組むなどしながら、アドベンチストとしてのアイデンティティーを確認してきた。13年からは大都市伝道プロジェクトを開始し、TOKYO13/YOKOHAMA13では首都圏では2001年以降最高となる78名のバプテスマが与えられた。14年は三教区でそれぞれSAITAMA14、阪神14、NAHA14へと発展し、15年は500名救霊を目指しての「全日本15」プロジェクトを展開した。教区や地区、教会が主体となったリバイバル集会やキャンプミーティング、部局が主体となった伝道のための訓練セミナーなどもこれまでになく活発に行われた。

特筆すべきは伝道用トラクトの発行枚数である。過去15年をさかのぼってみると、2001年~2005年の5年間のトラクト発行数は約5万枚、2006年~2010年の5年間では約36万枚、それに対して、2011年から現在までの5年間で、約137万枚が発行・購入されている。各教会の伝道熱は明らかに高まりを見せていることが窺える。

それに呼応するかのように、過去15年のバプテスマ数は2001年に初めて300名を切り、2009年以降は毎年200名台が続いていたが、2012年以降は右肩上がりに回復し、2015年は300名台を大きく回復、(予測では)2000年以降最高のバプテスマ数となった。だが礼拝出席者数においては苦戦が続いている。在留外国人の礼拝出席は増加しているにもかかわらず、横這い状況が続いているという事実は、日本人信徒の高齢化のペースにバプテスマが追いついていないという現実を浮き彫りにしている。

一方、社会に目を向けてみると、2011年の東日本大震災に始まり、地震や火山の噴火、集中豪雨や竜巻、異常気象などが頻発している。家庭は崩壊し、目を覆うばかりの悲惨な殺人事件や詐欺事件が横行している。国際経済や国際政治は混迷の度を深め、国と国、民族と民族の争いは絶えることなく続いている。罪の升目を満たしてしまうと思われるほどの国内外の状況は、主のご再臨が間近に迫っていることを全世界に告げている。

預言者イザヤは神の民に対して、「起きよ、光を放て。あなたを照らす光は昇り 主の栄光はあなたの上に輝く」と励ましている(イザヤ60章1節)。それは、「見よ、闇は地を覆い 暗黒が国々を包んでいる。しかし、あなたの上には主が輝き出で 主の栄光があなたの上に現れる」(2節)と預言された時が来ているからである。

世界宣教の目的は、人々を主イエス・キリストの再臨に備えさせることである。日本における伝道も、三天使の使命に基づいた再臨に備えるものでなければならない。第37回教団定時総会がこの地上で行われる最後の日本教団の総会となることを私たちは切望する。そのために2020年までの5年間で、日本全国に福音が宣べ伝えられなければならない。「そしてそれから最後が来るのである」(マタイ24章14節、口語訳)。

 

2016年~2020年 教団伝道基本方針

このような状況の中にあって、日本教団は、2016年から2020年までの5年間のモットーと伝道基本方針を以下のように提案する。

モットー:「起きよ、光を放て。主は来たりたもう!」

伝道基本方針:「天との絆・教会の絆・地域との絆」

日本における宣教使命を果たすため、教会員一人ひとりは、以下の3つの絆を結ぶことを求める。それは「天との絆(Reach Up)」「教会の絆(Reach In)」「地域との絆(Reach Out)」である。天との絆は、一人ひとりを聖霊の器としてのアドベンチストとして成長させ、キリストの愛による一致した教会の絆は、宣教第一の教会・共同体形成を促し、地域との絆は、すべてのアドベンチストが証し人としてキリストの光を輝かすことを可能にさせるからである。我々はこの3つの絆によって、人々をキリストの再臨に備えさせ、大宣教命令を果たすことを目指す。

【天との絆:Reach Up】聖霊の器としてのアドベンチスト

今、教会が最も必要としているものは、より良い組織や建物、新しい伝道方法ではなく、聖霊が用いることのできる人、つまり祈りを通してキリストの心と一つとなっている人である。「宣教の愚かさ」(Ⅰコリント1章21節)を用いられる主は、祈りの人を通して、その御業を成し遂げられるからである。祈りと御言葉を通してリバイバルを求め、聖霊の器としてのアドベンチストへと成長していく必要がある。そのために以下の5項目について重点的に取り組む。

  • 祈りと御言葉はリバイバルの土台である。そのために、ディボーションや聖句の暗唱を日々実践することを奨励する。
  • 終わりの時代に残りの民として召されたアドベンチストとしてのアイデンティティーを確立するために、ダニエル書と黙示録ならびに証の書の学びを行うことを奨励する。
  • 共に祈り、約束の聖霊の雨(後の雨と個人的な前の雨)を求めるため、祈祷会を守り、リバイバル集会やキャンプミーティング等の集会への積極的参加を奨励する。
  • キリストの憐れみの心をもって祭司となって人々の救いのために執り成すことは、全てのアドベンチストに与えられた大切な使命である。執り成しの祈りのリストを作り、日々執り成しの奉仕に携わることを奨励する。
  • 教会生活は個人的な信仰生活と並ぶもう一つの重要な柱である。そのため、礼拝出席だけではなく、安息日学校の出席も奨励する。

 

【教会の絆:Reach In】愛と一致の教会・共同体形成

「教会は、人類救済のために神がお定めになった機関」であり、「その使命は世界に福音を伝えることである」(『患難から栄光へ』上巻1ページ)。その使命を果たすためには、教会がキリストの愛において一致し、キリストの愛の似姿に造り変えられる必要がある。そのために以下の5項目について重点的に取り組む。

  • 預言の霊が勧告し、初代教会がそうであったように、小グループを教会が積極的に導入していくことを奨励する。ケアグループやアクションユニット等の小グループを通して、互いに愛し合い、仕え合う関係を築くことはこの世に対する強力な証となる。
  • バプテスマ後の信徒教育に力を注ぐことを通し、教会員の定着(リテンション)を図るとともに、長欠者の回復(リクラメーション)に対する働きかけをキリストの愛をもって積極的に行うよう奨励する。
  • スチュワードシップの概念について正しく学び、日々の生活の中で実践していくことを奨励する。信仰生活と教会生活の基礎について学び、賜物の良き管理者として成長していくことは、主のご再臨に備えるための大切な要素である。
  • この世の光として輝く、献身したアドベンチストホームの形成のために、家族のために祈り、家族にキリストの愛をもって仕えることを実践するよう奨励する。
  • すべての教会、学校、機関は一つとなって宣教使命のためにリバイバルと改革を祈り求め、信頼をもって相互に尊重し合い、協力関係を強め、この使命に献身するよう要請する。

【地域との絆:Reach Out】すべてのアドベンチストは証し人

福音宣教の完結のためには、すべてのアドベンチストが伝道者になる必要がある。「大いなる救いにあずかった者がすべて、主のための伝道者になるように神は計画された」(『人類のあけぼの』上巻134ページ)とあるように、牧師だけに限らず、すべてのアドベンチストは伝道者として召されているという意識改革が求められている。

日本においては関係伝道(家族伝道・友情伝道)が多くの実をもたらすものとなるが、  特に、以下の5項目について重点的に取り組む。

  • 福音宣教の右手としての健康伝道プログラムを現代日本人のニーズに沿った形で再構築すると同時に、地域においてこれを用い、人々を導くリーダーの育成に力を入れることを奨励する。
  • 次世代の人材を育成する青年伝道フロントラインプロジェクト(信徒伝道師・学生伝道師)の継続的発展を目指す。各個教会においても信仰の継承のために祈り、創意工夫したアプローチを行うよう奨励する。
  • 新しい創造的な方法を用いた現代人の心を掴む文書伝道とヒズハンズ伝道のシステムを再構築すると同時に、各個教会においても献身者のリクルートに力を入れることを奨励する。
  • 終わりの時代の宣教使命を完遂するために、音楽や映像を駆使しながら求心力のあるメッセージを発信するメディア伝道は必要不可欠である。各個教会レベルにおいても、礼拝メッセージをネット配信するなどメディア伝道に力を入れるよう奨励する。
  • ダニエル書とヨハネの黙示録を中心とした魅力的な預言セミナーを再構築し、リーダー養成とともに、各個教会で預言セミナーを用いた伝道が積極的に行われるよう奨励する。

このような活動を通し、各個教会が地の塩として地域に根ざした信頼関係を構築し、世の光としてこの世にイエス・キリストのご品性を証していくことがアドベンチスト教会の使命である。(※「地域」とは教会が存在する場所、信徒の家庭が存在する場所、信徒が所属する職場や学校や家庭を指す。)

上記に掲げた教団の伝道基本方針に則り、各教区も同じモットーと基本方針を掲げて、心を一つとし、終わりの時代の大収穫の働きに献身していきたい。しかしながら、掲げる旗印は同じであっても、具体的な伝道方法は、地域や各個教会の事情を反映したものであるべきであり、それぞれの主体的で独自な取り組みに委ねられる。そのために救霊のための具体的な「数値目標」を立てるだけでなく、それを実現に至らせるための「質的目標」を導入していただくことを教区や各個教会に要請する。

「汝ら、キリストイエスの心を心とせよ」(ピリピ2:5、文語訳)。―――滅びゆこうとしている人々に対するキリストの情熱を私たちの心とし、「Mission First~宣教第一」の精神をもって、主の再臨に向かって前進していきたい。マラナ・タ、主よ、来たりませ!