セブンスデー・アドベンチスト教団公式ホームページ

訃報 国平四郎元教団総理

 戦後、日本の教会のために献身された国平四郎元教団総理(米国ロマリンダ在住)が1月29日(金)朝、しばしの眠りにつかれました。享年98歳でした。ご遺族の上に主の慰めが豊かにありますようお祈りいたします。

 メモリアルサービスは、2月21日(日)10時30分からカリフォルニア州のアズアヒル教会で執り行われます。

Azure Hills Church
22633 Barton Road, Grand Terrace, CA 92313
電話 1-909-825-8611

 アメリカ生まれの日系人である国平先生は、戦後間もない1947年に日本三育学院の教師として来日され、1955年に帰米されるまで、学院の男子寮舎監兼教師として働かれ、長年教団の第一線で活躍された多くの人材を育てられました。

 帰国後、スタンフォード大学で博士号(心理学)を取得され、ロマリンダ大学で教えておられた時、1971年に再び来日されました。教団総理として3年間日本伝道のために献身され、6教区制という機構改革を行い、伝道のためのリーダーシップを発揮されました。

 「故国平四郎先生は、幻と情熱のリーダーでした。日本のアドベンチストにいつも信仰による勇気と希望を与えて下さいました。あの輝く大きな瞳、熱い語り口は忘れることはできません。先生の祈られた日本宣教の完結を、私たちも一層の献身をもって推進して参りたいと思います」島田真澄教団総理